本文へ移動

人間関係論演習

「豊かな人間性の成長をめざし、体験的に自己を内省し他者への理解を深め、より良い人間関係づくりを学ぶ」ことを目標として、人間関係論「体験学習」が2日間にわたって実施されました。

9月29日(火),30日(水)

学校講堂にて、ペアワークやグループ学習

2020年(前年度)

普段何も考えずに行動していたが、この授業を通して1つ1つの感情や行動を大切にしようと思った。
自分の価値観ばかりにとらわれないで、「相手はこんな考え方」なんだって承認できるようになりたい。
相手の立場になって考えることが人間関係では一番大切だと思った。
そして相手の失敗も認め受容することで信頼関係が構築され、お互いが気持ちの良いコミュニケーションがとれ安心できる存在になれると思った。
海で自然と対話ができて、とても心が落ち着いた。自分を見つめ直すことができるいい時間だった。
TOPへ戻る