教育目的・教育の特徴   
     
 

<教育目的>

1.看護専門職業人として、個人や地域社会の人々の健康と生活上の課題に対応するため科学的根拠に基づいた知識・技術を修得する。

2.豊かな人間性を育み、共感的態度、倫理に基づいた看護を実践できる能力を養うとともに、生涯にわたる自己研鑽と研究的態度を養う。




<当校の教育の特徴>

1.地域に密着した病院施設で実習することで、それぞれの施設の長所を学び環境適応能力を育成します。  

2.学生一人ひとりの人間性を尊重し、個々の能力を伸ばすきめ細やかな指導を行います。

各学年担当者による、学習相談・進路相談を始め生活指導や相談まできめ細やかな対応に努めています。

3.豊かな人間性の育成をめざし、体験学習、討議学習により、学生が自己受容し主体的に人間関係を築けるように教育します。

  自己を内省する力を養えるよう、人間関係論の中で体験学習を導入しています。

4.コミュニケーション能力を高めるため、実習だけでなく日々の学習においてもグループ学習や演習を取り入れています。

5.学生が看護を魅力あるものとして捉え、看護への誇りと意欲が持てるようにゼミナール方式を導入し、看護観を育成します。