1.武生看護専門学校自己点検・自己評価の経緯

平成15年厚生労働省医政局看護課は「看護師等養成所の教育活動に関する自己評価指針
作成検討会」の報告書で「養成所が看護基礎教育の充実に自主的に取り組む環境を整備する
一環」として、看護師等養成所の教育活動に関する自己評価指針を作成し公表しました。

この指針を受け、武生看護専門学校(以下「本校」と略す)では、本校全体の教育水準の
向上をめざし、平成
16年に自己点検・自己評価委員会を設置。平成17年より専門分野の授
業評価。平成
18年からは基礎分野の授業評価と卒業生による学校評価の実施に加え、学校
評価・自己点検を実施しています。

平成23年「看護師等養成所の運営に関する指導要領について」の一部改正に伴い、管理
運営に関する事項として、各看護師養成機関は教育活動その他の養成所の運営状況につい
て、自ら評価を行いその結果を公表することを受け、これまでの本校の委員会による報告
書を基に、平成
27年度より公開することとしました。

2.本校の自己点検・自己評価の目的・方法

1)目的

  本校の教育活動、学校運営について点検・評価を行うことにより、結果を真摯に受け止

め教育及び管理運営の各分野において、ぞれぞれの活動の水準向上と活性化に繋げる。

2)方法

「看護師等養成所の教育活動に関する自己評価指針作成検討会」の報告書の評価内容一覧
を基に、本校独自の点検評価項目を決定した。

点検評価項目は、表1のとおり

点検項目は、それぞれ

     あてはまる   (6)

        ややあてはまる (4)

あてはまらない (2)

3段階評価を行い( )内の数字を評価点として各下位項目、点検項目の平均点を求
めた。

3)この結果に基づき、点検評価を実施。

本校の職員がそれぞれの項目に○を記入し、その理由を記述する。

毎年度12月に実施、それらのまとめを基に次年度の「業務目標」や個人目標の参考   

とする。

3.平成27年度 自己点検・自己評価結果

 表Ⅰ 武生看護専門学校 自己評価・自己点検評価項目の概要 

表Ⅱ カテゴリー別平均点

表Ⅲ 平成27年度 武生看護専門学校 自己点検・自己評価の結果

4.自己点検・自己評価の結果と課題

 点検の結果、いずれの項目もほぼ水準を満たしていた。

 1.ややあてはまるが今後さらに取り組むべき評価項目は、以下の通りであった。

  ・「学習の動機付けと支援」の、非常勤講師のシラバス内容の検討

・教員の研究活動の充実

 2.評価値の低い「卒業・就職・進学」においては平均3.67であった。

・卒業生の就職・進学状況の分析、就職先での評価の把握については平均4.33であ
るが、卒業生の就職先との情報交換や調査、卒業生の活動状況の把握と統計整理
において平均
2.5と最も低かった。

認定看護師資格を取った卒業生の講演を企画し教育活動に活かし情報提供してい

るものの、卒業生の活動調査の必要性に関しては平成27年10月から離職時の

ナースセンター届出制度の開始に伴い、今後の調査については検討事項である。

3.今後、努力していく必要のある項目は、以下の通りであった。

・倫理規定の明確化

・自己点検・自己評価の結果の公表、第3者評価の実施

以上、これら自己点検結果をふまえ、改善努力してゆく必要性が示唆された。